縦型動画制作

近年縦型動画が注目

人物の全身を大きく見せたり、縦に長いことを生かして奥行きや高さを表現したり、またスマホの画面を模した演出で楽しませたりと、新しい表現も生まれています。
スマートフォンユーザーは、従来「縦」向きで操作するものなので、横向きよりも操作性に優れています。
今後、スマートフォンで視聴が楽である縦型動画が浸透してくると、コンテンツ動画も縦型が主流になるのではないかと推測されます。

スマホは縦で見る人が多い

縦に持った方が手になじみ、安定しやすいとも言えます。
尺が短い動画をいちいち横にするの面倒なので、そのまま縦で観るのが楽なのです。

インスタ動画

Instagramの動画投稿は最長60秒です。

IGTV

2018年縦型動画のアプリ「IGTV」が、Instagramから登場しました。
Instagramの動画投稿は最長60秒でしたが、IGTVでは最長1時間、ユーザーによっては1時間までの動画が公開可能。
1時間使えるので、ダンスの発表会や、ストーリー性のある短編映画を配信したりもできます。

最近の撮影

  1. 長岡市で撮影

    2018.11.28

  2. SHONAN MOVIE

    2018.11.21

出張エリア

北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄まで全国
PAGE TOP